死を受け入れる葬儀

歴史上初の葬儀跡がイラクの洞窟で発見されています。葬式は様々なやり方があり、行う人によっても、また、亡くなられた方の死生観などが深くかかわっています。宗教などによってもやり方や流れは大きく変わります。また、亡くなられた方のためだけに行うのではなく、この世に残された人達のために行われるとい言われています。この世に残された人々が、しっかりと“死”を受け止め、向き合い、処理できるように行う為の補助となるのが葬式であります。こういった意味でも葬儀とは、旧石器時代からされてきた宗教的な行事であると言えます。

ネアンデルタール人の葬儀跡

歴史上初の葬儀後が見つかったイラクの洞窟の中には骨が残っており、ネアンデルタール人の骨とわかりました。これは推定、約7万年前をされていて、洞窟内の周辺からもムスカリ、ヤグルマギクの花粉が大量にあったとされています。これは洞窟から見つかるはずのないものなので、亡くなった人を弔うためにお花を供えたのではないかと報告されています。厳しい時代にも関わらず、人の死を弔い丁寧に掘られているお墓はネアンデルタール人の優しさが分かります。このようなことから、今も葬儀では死者の周りに副葬品としてお花を添えるということ。

新着情報

2016-10-20 高槻市で家族葬をが更新されました。
2016-06-28 家族葬が人気なわけが追加されました。
2015-08-26 霊園へ改葬する方法が更新されました。
2015-03-31 墓石購入の決め手が追加されました。
2015-02-18 増えている家族葬が更新されました。

様々な形式の葬儀情報


過去の情報一覧