トップ >> 家族葬はなぜ増えているか

家族葬が増えている理由

最近では、大勢の人を招いて盛大な葬儀を行うよりも、身内や特に故人と親しかった人のみによる家族葬を行うケースが増えてきています。また、家族葬は基本的に弔問を受け付けないので、通夜ぶるまいのおもてなしの用意などをする必要がなかったり、故人が特に信仰していた宗教があった場合は宗教関係者を立てますが、そうでない場合には宗教関係者を立てずに焼香や献花のみを身内で行い火葬することもできるため比較的、費用を安く抑えることができるのも大きなメリットの一つです。

葬儀のマナーとしての服装

葬儀の場合は、突然に訪れることがほとんどです。親族や親戚の場合以外にも、友人や会社関係など行く場面は何度かあります。その時の服装は、やはり喪服でいくのが一般的です。そのために、急な葬儀や通夜に慌てないために日頃から喪服セットを準備しておきます。特に最近の女性は、ネイルをしていることが多くあります。派手なネイルでは、手元が目立つことになります。そのために、黒い靴下やタイツと同じように黒い手袋を用意しておくと安心です。このように、悲しみの場所では小さな気配りをすることが相手に対しての礼儀になります。

様々な形式の葬儀情報