トップ >> 葬儀における様々な決まり

薄れていってる葬儀の風習

葬儀までの間、死体を安置する時に、魔よけの意味を込めて胸の上に刃物を置きます。武士の社会では猫が魔物の使いとしており、光りものが嫌いなことからもこのような風習があります。また、魔を刀でで斬るなどの意味などからもそういうことです。また、死者にお金を持たせたり、枕団子を供えたりします。これは上新粉でつくったもので、地域によっても備える数は異なり、亡くなった日から四十九日まで毎日1つずつ増やして50個供える地域があります。葬儀には色々な決まりごとがありますが最近ではこのような風習もうすれているのす。

友引は葬儀を避ける日

告別式は一般的に避ける日として、“友引”があります。この友引には“凶事に友を引く”との意味が込められていて、友を死に引かないような意味があります。かつての意味とは異なるが、現在はこのようにされている。火葬場では友引きの日が休みの場合が多いが、友引の日に葬儀を行わないという考えは迷信という考えや、また、宗派によっては友引でも葬儀を行うあるので最近は友引の日も営業している火葬場も増えてきていると言います。逆に祝いごとについては「自分の幸せをお裾分けする」というような意味でも、結婚式などの引出物を友引のに発送する人もいます。

様々な形式の葬儀情報