トップ >> 日本における葬儀の習慣

儀礼に発する葬儀の習慣

日本においての葬儀の慣習は、昔から行われていた儀礼に発しています。日本の儀礼は、亡くなった人をお棺に長時間入れおき、親族や友人などが別れを惜しみ、埋葬するまでの間に死者の死を改めて確認します。お通夜はこのような殯に発しています。また、殯とは、棺を置く場所も指します。殯の期間に保管する建物を“もがりのみや”といいます。また、通夜は葬儀の前夜祭です。夜中中、寝ずの番をします。誰かが交代をしながら夜が明けるまで線香を絶やさないようにするのです。これは魔除けの意味もあります。しかし、最近では家事の原因にもなりかねないので、夜中の線香はともさないようにと、消防局から指導があるそうです。

葬儀が終わると塩を撒く

都市のお通夜では葬儀の明け方まで行わずに、家族や親族も途中で帰宅するというケースが増えております。これは半通夜と呼ばれ、夜になると親族が帰ります。習慣として、火葬場から帰る際は、同じ道を通って帰らないこと。どんなに簡単な道でも埋葬した霊がついて来られないようにするために、遠回りをするなどの努力をして帰ります。しかし、逆に行き道と同じ道を通って帰らないといけない週間もあり、様々です。そして葬儀が終わると塩を撒く風習がある。これは神道由来の風習で振り塩といいますが、最近では行われない場合もあります。

様々な形式の葬儀情報